日文 中文

ダイレクトマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングは、さまざまなメディアを通してターゲットに直接アプローチし、その後も継続的な1対1のコミュニケーションを提供することで、顧客と商品・サービスの間を縮めるマーケティング手法です。商品やサービスに興味のない人もターゲットになってしまうマスマーケティングとは違い、商品やサービスに対して興味を持つお客様をターゲットとしているため、直接アプローチすることで、高い費用対効果を得ることができます。また、顧客についてのデータを計測、収集、蓄積していくこともダイレクトマーケティングの特徴であり、そのデータベースを活用し、顧客との関係性の強化によるロイヤル顧客への育成を通じて、その商品やサービスに対する顧客の生涯価値の最大化を目指します。

ダイレクトマーケティング7つの特徴

  • レスポンス (Response)

    行動として表れる反応(レスポンス)を重視します。「認知」や「ブランド」といった行動に表れない観念より、「注文」や「問い合わせ」など、お客様の行動の変化にフォーカスします。

  • 測定可能 (Measurable)

    反応(レスポンス)を定量的に測定します。「この広告を打ったら、これだけの注文があった」というように、施策と結果が数字で明確に。

  • 費用対効果(Effect)

    行動として表れる反応(レスポンス)を重視します。「認知」や「ブランド」といった行動に表れない観念より、「注文」や「問い合わせ」など、お客様の行動の変化にフォーカスします。

  • 複数メディアの活用 (One or more advertising media)

    お客様を連れてくるためにメディアをフル活用します。特定メディアに縛られず、Webや紙メディア、テレビ、実店舗による申し込みブースなど、反応(レスポンス)を獲得するために、あらゆるメディアを自由に活用します。

  • 場所を問わない (Any location)

    ダイレクトマーケティングでは「いかなる場所」でも売買することができます。広告やWebサイトなどが店舗の役割を担い、地域や商圏によらず、商品やサービスを届けられるならば、どこに住んでいる人にも販売可能です。

  • 双方向のコミュニケーション (Interactive)

    「新規申込」「資料請求」「リピート購入」といったお客様からの反応(レスポンス)にもとづいて、事業者は「商品発送」「お礼連絡」「追加購入提案」「情報提供」など、異なる反応を返します。

  • データベース (Database)

    上記①〜⑥の特徴は、顧客データを管理することで実現します。顧客リストとデータベースが、同じ顧客にリピート購入してもらい、収益を最大化するための大切な武器となります。

スタートアジアの事業案内はこちら